サイトマップ
読書とギターとブログと |読書
FC2ブログ

Entries

読書

NOVA 2---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)NOVA 2---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)
(2010/07/02)
東 浩紀恩田 陸

商品詳細を見る


あー。山崎パン工場で働きたいなー


日本SF書き下ろしアンソロジー第二弾。
前回の1作目は面白かったんだけど、新鮮味が無かったのも事実で、作家陣がSFの有名どころということは逆に内容も推測しやすくなってしまうわけで。だから前書きで書いていた、「前作は守りに入っていた」というっ記述には僕も深く頷いてしまった。
そして攻めに回ったという今回は、攻めるわ攻めるわぐいぐい押した作品ばかりで、めちゃくちゃ面白かった。
これってSF?とか細かいことは抜きにして、SFというジャンルの幅広さと可能性を再確認できたし、そういう意味で個々の作品の幅もかなり色んな角度から書かれたものが多く、傑作選、と銘打ってもおかしくないくらいの出来だったと言えよう。


津原泰水の「五色の舟」はかなりの名作。異形の怪物「くだん」をテーマにしており、そうなると小松左京の「くだんのはは」が当然、頭に浮かぶわけだけど、それに勝るとも劣らぬ一品に仕上がっている。異端文学とも読めるけど、展開的にはやっぱSFかな。


恩田陸の「東京の日記」は大御所らしく、さすが、と唸らされる。パラレル世界化未来の姿か。今とは変わった東京の姿を外国人が日記の形で綴る。この設定だけで、参りました、と言いたくなる。すごい面白い。


一番驚かされたのは東浩紀の「クリュセの魚」
こないだ東さんが小説書いて三島賞貰ったのは知ってたけど、古来より批評家は小説家になれないという伝統があるわけで、その作品にはなんとなく懐疑を抱いていたんだけど、この短編を読んで、すんませんでしたと謝りました。
ゼロ年代の日本SFらしい短編に仕上がっており、面白かったです。



もしかしたら、どれか星雲賞の短編部門にノミネートされるかもね、と言いたくなる素晴らしい本でした。SF好きはぜひお買い上げあれ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://laphroaig10.blog28.fc2.com/tb.php/646-21d39906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

scapa

Author:scapa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる