サイトマップ
読書とギターとブログと |読書
FC2ブログ

Entries

読書

エンダーのゲーム (ハヤカワ文庫 SF (746))エンダーのゲーム (ハヤカワ文庫 SF (746))
(1987/11)
オースン・スコット・カード野口 幸夫

商品詳細を見る


もっと本を読まなければいけない。僕が勝ち残るには、誰よりも圧倒的な読書量を持たなければいけない。もっと、本を。


スコットカードの代表作。「エンダーのゲーム」
天才児エンダーが艦隊の司令官となるべく教育され、成長していく物語。持ち前の才を生かしてトラブルを乗り越え、徐々に成長していく様はビジョルドのマイルズシリーズに似ている。
兄弟の設定が生かされているような生かされていないような、という感じだけど、無いと物足りないからまぁ良いんじゃないだろうか。
細部でなんかよくわかんないところはあったけど、なんか許してしまうような本。


それにしても、SFにおける異星人とは、どうして昆虫型が多いんだろう。「雪風」しかり「宇宙の戦士」しかり。
別にクラゲ型とかナマコ型でも良いのに。
スポンサーサイト



コメント

[C64] ゼリー状でも可

だって、ナメクジだったら人形遣いやし。
ときどき、エンダーのゲーム!エンダーのゲーム!エンダーのゲーム!って誰かに畳み掛けたくなる。早川さんみたいに。
  • 2010-07-22 23:51
  • 4版の人
  • URL
  • 編集

[C65] No title

それはもはや早川さん病だ(笑)
  • 2010-07-24 19:04
  • めがね
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://laphroaig10.blog28.fc2.com/tb.php/643-389e24a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

scapa

Author:scapa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる