サイトマップ
読書とギターとブログと |読書
FC2ブログ

Entries

読書

ジェイクをさがして (ハヤカワ文庫SF)ジェイクをさがして (ハヤカワ文庫SF)
(2010/06/30)
チャイナ ミエヴィル

商品詳細を見る


最近出たばかりのハヤカワの新刊。初めて聞いた作者さんです。でもローカス賞とか海外の有名どころの賞は結構取ってらっしゃる。

全体的にホラー臭の漂う作品集。異形のものが出たりと、ラヴクラフトを意識したタイプのSF。どちらかというとオカルトに近いミステリー寄りかもしれない。
特徴としては結末を描かないこと。読者に全てを委ねる書き方は、下手にすると単純によくわからない作品になってしまうけれど、きちんと読後の余韻の広がりを感じさせる手腕はさすが。

あらゆるものに著作権がついてクリスマスを祝うことすら出来なくなった世界をユーモアに描いた作品とか面白かったけど、個人的には表題作「ジェイクを探して」が妙に胸に残りました。
奇妙な味のある作品。

久しぶりにこういう作家を読んだ気がします。案外いそうでいないタイプの作家かもしれない。
スポンサーサイト



コメント

[C62]

 チャイナ・ミエヴェルはSFマガジンでよく見る作家やね。ロンドンを舞台にしたカタストロフィものに定評がある。
 あの閉塞感はいいと思うわ。押しつぶされそうな感じがする。
  • 2010-07-17 00:01
  • 4版の人
  • URL
  • 編集

[C63]

さすがにSFマガジンまではチェックしてなかったなぁ。さすが。
確かにロンドンがえらいことになってる作品が多かった。いったことがある人なら、もっと楽しめるんだろうなぁ。

押しつぶされそう、というのは正鵠を得た表現ですな。あの感じはあんまり他には無いね。
なんか「イマーゴ」とかの単語があったせいかもしれないけど、なんとなく電脳コイルの世界っぽかった
  • 2010-07-17 11:00
  • めがね
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://laphroaig10.blog28.fc2.com/tb.php/629-7634b865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

scapa

Author:scapa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる