サイトマップ
読書とギターとブログと |読書
FC2ブログ

Entries

読書

少年とオブジェ (ちくま文庫)少年とオブジェ (ちくま文庫)
(1992/08)
赤瀬川 原平

商品詳細を見る


赤瀬川原平の自伝的エッセイ。赤瀬川原平は才人で、画家でありながら小説家。芥川賞作家の尾辻克彦はこの人のペンネームです。ちなみに、お兄さんは直木賞作家で僕も好き赤瀬川隼。やっぱり血筋ってすごいですね。

 この本は、作者が子供の頃感じた様々なものへの思いを短章ごとに語っていく形式の本で、そんなわけだから特筆すべきところも無く、実に読み安い本であった、くらいしか僕に言えることは無いです。ただ、そこに書かれている戦中、戦後の作者の家の貧困の様子を読みながら、こういう貧困の幼児体験を書ける作家というものは、これから減っていくんだろうな、とふと思って、改めて、今の時代のありがたみと、同時に何故か貧しさを僕は感じたのでした。とさ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://laphroaig10.blog28.fc2.com/tb.php/38-4edaced1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

scapa

Author:scapa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる