サイトマップ
読書とギターとブログと |読書
FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://laphroaig10.blog28.fc2.com/tb.php/1222-bd883825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

読書

屍者の帝国屍者の帝国
(2012/08/24)
伊藤 計劃、円城 塔 他

商品詳細を見る


伊藤さんの未筆の原稿を書き継ぐのだと円城さんが芥川賞の授賞式で公表して衝撃が走ってから、あれよという間に発売になりました。
どれだけのSFファンがこの本を心待ちにしていたことか。
伊藤さんのまぎれもない「最後の」作品。この本を読んでしまうことで、今度こそ本当に伊藤計劃という作家の物語は終わってしまうのだと思うとそれだけでなんだか込み上げる思いがあるのだけど、とはいえ一刻も早く読みたいわけで。

舞台は19世紀英国。屍者を操ることが可能になった時代で、英国諜報員のワトソンは密名を受けて世界を旅する。アフガニスタンや日本・・・その先にあるものは「屍者の王国」

結論から言うと、とても上質なエンターテイメント。そして大勢の読者が思ったであろう。「円城、読みやすい文章書けるんじゃねえか!」
文体まで伊藤テイストを心掛けたこの作品は、まさに伊藤計劃の作品だった。同時に円城塔の作品でもあるのだ。

物語の主人公、ワトソンのそばには記録者である屍者のフライデーが常にそばにいる。生者と死者というワンセットの構造は、この作品における伊藤と円城の関係を表しているようだ。そしてラスト。
本のラストにはこの言葉が輝く「ありがとう」と
その言葉は円城から伊藤に当てた言葉なのだろうか。
そして賛否分かれるラストは、伊藤との本当の「別れ」を示したのだろうか。

色んな読みが可能で、そうした物語の背後を「読み」に含めることが正しい読み方なのかそうでないのかは分からないけれど、中身を含めて色んなものをない交ぜにしたものが濁流のように一気に押し寄せてきて、僕は胸がつかえる。言葉を失う。そして静かに背表紙を閉じる。
僕は窓の外の夜空を見る。

読み手の心に残る、などとありきたりのことを言うつもりは無い。今度こそ、終わったのだ。
今度こそ、伊藤計劃の物語は終わったのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://laphroaig10.blog28.fc2.com/tb.php/1222-bd883825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

scapa

Author:scapa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。