サイトマップ
読書とギターとブログと |2012年11月
FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで (文春文庫)ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで (文春文庫)
(2012/09/04)
福岡 伸一

商品詳細を見る


頭が良い人ってみんな虫が好きだよね。
福岡先生が自然科学や生き物について語る。とても知的な語り口なのに難解さが無い。すっ、と染み入るような文章を書く人。
哲学者や学者は少し見習っていただきたい
スポンサーサイト

読書

クリストファー男娼窟 (角川文庫)クリストファー男娼窟 (角川文庫)
(2012/10/25)
草間 彌生

商品詳細を見る


草間さんといえば高名なデザイナーですが、いつのまにか文筆会にも手を出されていた模様。
タイトルから分かるとおり、ガチなアッーの世界。
こういう世界観は嫌いじゃないとはいえ、ガチはね、結構キツイです。

読書

すすれ!麺の甲子園 (新潮文庫)すすれ!麺の甲子園 (新潮文庫)
(2010/09/29)
椎名 誠

商品詳細を見る


全国の麺料理を食い歩く本。どこまでを麺と定義するか、といった様子など色々とユーモアあふれる語り口で面白い。だが、さすがに麺料理ばかりの内容だと飽きる。
あと、広島ラーメンで尾道ラーメンが入っていないのはどういうことか

読書

私はなぜにしてカンヅメに大失敗したか (実業之日本社文庫)私はなぜにしてカンヅメに大失敗したか (実業之日本社文庫)
(2012/10/05)
北 杜夫

商品詳細を見る


大御所作家ってすげえなあ、と思うのが、出版社の金で高級ホテルにカンヅメして、あげくほとんど書けずその顛末を他社から書籍化できちゃうんだから、すげえよなあ

読書

長沼先生、エイリアンって地球にもいるんですか? (新潮文庫)長沼先生、エイリアンって地球にもいるんですか? (新潮文庫)
(2012/09/28)
長沼 毅

商品詳細を見る


自然科学に関する対談集。
もっとゆるーい感じかと思いきや、なんだかんだ専門用語が飛び交い案外難しいぞ

読書

星を継ぐもの (創元SF文庫)星を継ぐもの (創元SF文庫)
(1980/05/23)
ジェイムズ・P・ホーガン

商品詳細を見る


われながら意外だけど、これ読んで無かったのよね。
言わずと知れたホーガンの古典SFの名作。

実は勝手にハードSF系だと勘違いしてて食わず嫌いだったんだけど、これは素晴らしい。
SFミステリーとでも言おうか、月面で発見された謎の死体を巡る事実とは・・・

コミックス化もしているけれど、SF・ミステリー好きは必読の一冊

読書

死亡フラグが立ちました! ~カレーde人類滅亡!? 殺人事件 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)死亡フラグが立ちました! ~カレーde人類滅亡!? 殺人事件 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/11/06)
七尾 与史

商品詳細を見る


前作「死亡フラグ~」は意外と嫌いじゃなくて、続編文庫化につき買ってみた。
完成度は下がるが、このテンションとノリの高さで強引に持ってく手法は嫌いじゃない

読書

落ちこぼれの竜殺し1 (富士見ファンタジア文庫)落ちこぼれの竜殺し1 (富士見ファンタジア文庫)
(2012/10/20)
橘 ぱん

商品詳細を見る


帯コメントを賀東が書いていたので買ったんだけど、ああいうのはあてにならんね。
劣化版IS。はいはい、という感じ

読書

THE FUTURE IS JAPANESE (Jコレクション)THE FUTURE IS JAPANESE (Jコレクション)
(2012/07/20)
伊藤 計劃、円城 塔 他

商品詳細を見る


日本をテーマにしたSFアンソロジー。
日本からは円城塔・小川一水。外国からはスターリングなど豪華な顔ぶれ。なにより日本がテーマというのがなかなか興味深くて、特に感動したのは、「傘」という漢字を宇宙船の姿に見立てた一節。普段漢字を使うから見逃しがちだけど、こういう発想があったかと素直に感動させられる。

あとは伊藤さんの短編も完全英語版で載ってたりするので伊藤ファンは必読。僕は英語が苦手で読めないけど

読書

かめくん (河出文庫)かめくん (河出文庫)
(2012/08/04)
北野 勇作

商品詳細を見る


北野勇作の名作、「かめくん」が河出にて復刊。徳間版も持っているのだけど、ファンとしてはそこは揃えたい。あと加筆もされてるらしい。分からんかったけど。

レプリカントのカメ。通称レプリカメの日常。それは夢のよう。彼の甲羅の中に広がる夢は・・・

独特の括弧を使わない文体と、かめくんのたゆたう日々の情景が上手く融合していて、詩的とも言える雰囲気を作り出している。これはいいよ。すごくいいよ

読書

([ひ]3-1)ペンギン夫婦の作りかた (ポプラ文庫 日本文学)([ひ]3-1)ペンギン夫婦の作りかた (ポプラ文庫 日本文学)
(2012/10/05)
百瀬しのぶ

商品詳細を見る


映画化らしいけど、これはないわー

読書

([さ]5-1)教科書に載った小説 (ポプラ文庫 日本文学)([さ]5-1)教科書に載った小説 (ポプラ文庫 日本文学)
(2012/10/05)
佐藤 雅彦

商品詳細を見る
いろんな国語の教科書に載った短編小説が載っているが、どれも素晴らしい。そしてほとんど読んだことが無いぞ。
あらためて読むと、なんというか上質のウイスキーのような喉ごしと独特の風味がある。いいねえ

読書

覆面作家は二人いる (角川文庫)覆面作家は二人いる (角川文庫)
(1997/11/21)
北村 薫

商品詳細を見る


気楽に読めるライトミステリ。お嬢様が名探偵という構図はこんなところにもあったのですね。「謎解き~」との売り上げの差はひとえに表紙の差

Extra

プロフィール

scapa

Author:scapa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。