サイトマップ
読書とギターとブログと |2010年03月
FC2ブログ

Entries

読書

陰陽師は名探偵! 安倍晴明とタイムスリップ探偵団 (講談社青い鳥文庫)陰陽師は名探偵! 安倍晴明とタイムスリップ探偵団 (講談社青い鳥文庫)
(2004/06/15)
楠木 誠一郎村田 四郎

商品詳細を見る


そうだ、本を読もう! という感じで思い立って、昨日寝る前にアマゾンのマーケットプレイスで4000円くらい中古本を注文してしまって、朝起きて我に返ってすごい後悔する。
 さらに、仕事中にぶるぶるアマゾンから発送メールがやたらと届いてますます後悔する。
 買い物はよく考えてやりましょう。
 といいつつ、帰りにブックオフに寄ってまた本を買う。やれやれ


 これも青い鳥でそこそこ売れていますねー。
 平安期にタイムスリップして、安部セイメイとかと魔物を退治するという、タイムスリップシリーズの5作目

 まぁ言いたいことはいろいろあって、なんか脚本じゃないんだからくらいに少ない描写とセリフの多用。もうシナリオでええやん!
 なんかいまいちよく掴めない安部晴明像。
 やたらと挿入される過去作品の紹介「~も読んでね!」 ウザイ!
 特に意味無い部分が無駄に長い!

 正直、僕はあまり評価できない本でした。なんか、結局売れてる児童書って、文体の読みやすさが大きい気がするなぁ・・・悲しい。
スポンサーサイト



読書

若おかみは小学生! 花の湯温泉ストーリー(1) (講談社青い鳥文庫)若おかみは小学生! 花の湯温泉ストーリー(1) (講談社青い鳥文庫)
(2003/04/15)
令丈 ヒロ子

商品詳細を見る


 職場の同期と本の話をしていて、こちらはこちらで自分にそこそこ付いて来れるだけの本の知識を持っている相手に賞賛を贈り、相手は相手でこちらに賞賛を贈り、まあよく分かんないお世辞の言い合いっこをしてたわけなのですが、本について、本の素晴らしさについて、というものでしっかり話が出来る環境にいるというのは、やはり天職だなぁと思います。
 お互いに本の知識量で女性陣には負けないでおこうぜと激励しあうとともに、最近仕事でつかれて本読めないぷー、と自分に言い訳していたことを思い出し、帰りの電車でひとしきり反省しました。まぁ疲れるのは事実ですが、読めないんじゃなくて、読まないだけなんです。反省
 そんなわけで仕事帰りに図書館に寄ってきました。帰宅は8時。いえい

 
 今も昔も強い青い鳥文庫。最近はもっぱら黒魔女さんですが、この若おかみシリーズも売れてますねー。

 両親を事故で亡くして旅館の祖母に引き取られた主人公。ひょんなことからその旅館の若おかみになる修行を始めるという流れ。
 料理ネタが多いのだけども、そこはさすが令丈先生。料理少年Kタローの作者だけあります。

 色々と謎が隠されたままなのはシリーズで出す前提でまぁ良いとして、最低限のストーリーのポイントをおさえてあるのもさすが。
 でも、まぁ分かってはいたけど、あまりのご都合主義はさすがに児童書でもどうだろうと個人的には思った。普通の子供がアイディアだけで大人も出るお菓子コンクールで賞が取れるかい? と思ってしまうんだよねー。
 うーん。面白いけども、バカ売れする本かなー、というのが正直なところだけど、おままごととか、~屋さんになりたい、くらいの年頃の女の子だと、こういう子供が仕事をする話というのは案外ツボなのかもしれないなー。意外にあるようで無いパターンではあるし。
 
 あと、更に分析していけば、ストーリー構成とかがかなり「千と千尋」に酷似していて、まぁそういう方程式的に言えばもちろんこの本は大ヒットする要因を持ってるんだけどそんなデータ論で全てが片付くなら苦労しないし、そもそも僕そんなに千と千尋好きじゃないしうーん。

 ま、総括として、面白いけど、大ヒットになる要因はいまいち分かるような分かんないような。

読書

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)
(2003/10/11)
はやみね かおるにし けいこ

商品詳細を見る


だから1日じゃ休まらんって。出張準備と図書館とメガネ・ワイシャツ新調の予定を全部つぶして、ただひたすらにベッドでゴロゴロして今日が終わりました。
 明日からまた仕事かー。 本って重いのよね


 児童書・またYAで今大人気のはやみねかおる先生。そのはやみね先生の人気シリーズ。「都会トム」の1巻。図書館行くのがメンドイから定価で買いました。

 優秀ではないが、アウトドア知識が豊富で対応力のある主人公と、知性派の相棒。いわゆるバディ(相棒)ものの鉄板で、いうなればまさに「相棒」(ミッチーじゃないほう)タイプの小説。
 タイトルからトムとハックの相棒かと思いきや、むしろホームズとワトソンのようなコンビで都会を駆け巡る。その行動は、マンホールの下やテレビ局などをまさにトム達のごとく冒険するわけで、その中にゴミや身近なものの意外な使い方を巧みに織り込み、さすが!。 確かにおもしろい。
 文体は一行が短く、改行が多く、ライトではあるが、そこまでライトノベルのように品が無いわけでもなく、なるほど売れるだけのことはあるわー、と神妙に感心させられた。

 ツッコみたくなるところは多々あって、主人公のバックボーンなどが明確にされないから、どうしてそういう性格なのかわからず、正統派文学ファンからは少々うーむと思うところもあるが、YAというジャンルと、最初からシリーズを考えて作られているところを鑑みれば、相応の書き方かもしれない。
 ただ、それでも相棒が結成されるまでがあまりにも短くないかい、とは思いはしたが、まぁイントロダクションと思えばそんなもんか、な。

 なんというか、素直に面白い本でした。編集者に拍手

明日も仕事ってかー。やっほーい
連休ってなんだろう


連日の大会議。最前列プレイはあんまりにも酷です。
常に何か「やります!」と飛び出す場面がないか周りに目を配りながら椅子に半座りの休憩時間
常に何か「代わります!」と飛び出す場面を探して奔走する会場の後片付け。
集中力と精神力が枯れはてそうです。それでも結構怒られる
体育会系だよねぇ

なんか面白かった一幕
編集部の人が企画を説明してるとき
「だからこの本は普通より少し大きな規格でやりたいわけで・・・」
営業
「でもそれなら書店でどこの棚に置くんですか。普通のブックカバーがかからないですよねetc」


つまり
脚本
「だからこの作品は、キレイな背景と、盛り上がりのアクションがやりたいわけで・・・」
作画・編集
「で、誰が描くの。どうやって編集するのetc」


つまりはこんな構造なんだろうなぁ、と眠い頭で思っていました。

読書

黒魔女さんが通る!! チョコ、デビューするの巻 (講談社青い鳥文庫)黒魔女さんが通る!! チョコ、デビューするの巻 (講談社青い鳥文庫)
(2005/09/15)
石崎 洋司

商品詳細を見る


 一日中会議でもう大変。
 気分は、1年の最初にサークルの定例会に出た感じ。つまりはちんぷんかんぷん。
 まぁ、新入りの存在意義は、出席している、ということと雑用もろもろなんだと思います。
 明日は卒業式でさすがにお休みを貰いましたが、明日はホテルで大会議と懇親会があるらしいが休んで良かったのか、むむむ。
 

 今、児童書業界の大人気、黒魔女さんシリーズ。せっかくなんで後学のために買ってみた。

 キューピットじゃなくて、ギューピッドという黒魔女を呼び出してしまった女の子のお話が、1人称で語られる。

 感想としては、まぁ普通に面白いですよ、って感じ。1人称と、ライトノベルばりに読みやすさを重視した文体も子供に受ける理由だろうか。
 個人的には、やっぱり藤田香さんのイラストがかなりキいてるんだと思うんだけど、どうなんだろう。

 なんというか、そこそこ面白いから、文句を付けるでもなくかといってベタ褒めするわけでもなく、難しいなぁ。
 でも、なんかすごい味のある作品だったと思います。うん
 
 

読書

火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)
(1976/03/14)
レイ・ブラッドベリ

商品詳細を見る


 たとえば、もしかしたら別の会社だったら福利厚生がもうちょい良くて、まったりだったかもなぁとかチラリと脳裏をよぎったりすることもあるけれど、僕は元気です。そもそもすごい贅沢な悩みな気もするからもうやめます。
 まぁ、言うほど特に不満もありません。やりたいことやれてるし。
 でもレジは飽きました。


 ブラッドベリの名作中の名作。
 僕は昼休み中にこれを読み終わって、マジで泣きそうになって、それから1時間くらいボーっとしてました。催眠術から解けやらぬ感じ。
 散文のようにつづられる断章の数々は、まるで泡のようにそれぞれ形をなし、全てが交じり合って海のように壮大で果てしない世界を作り出す。
 
 火星に地球人が訪れ、去っていくまでの長い叙事詩。寂しさと、希望。そして、ラストにうっすら見られる円環構造の魔法。
 
 素晴らしいの一言につき、こういう本があるから、本って本当に素晴らしいと思うし、こういうSFがあるからSFって本当に素晴らしいと思うし、こういう本を誰かに届けたいし作りたいから僕は本に関わる仕事をしたいと思ったんだ。
 なんかもう、ありがとう。

 死ぬ前にもう一度読みたい本。
 ちょっと頑張れる気がしました。

読書

ゼロ年代SF傑作選 (ハヤカワ文庫 JA エ 2-1) (ハヤカワ文庫JA)ゼロ年代SF傑作選 (ハヤカワ文庫 JA エ 2-1) (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
S-Fマガジン編集部

商品詳細を見る


 幸せそうな人は不幸になれば良いと思うし、不幸せそうな人は幸せになれば良いと思う。そして僕は誰よりも幸せであるべきだと思う。
 何が言いたいのかというと、明日からまた仕事なんだけど、うわーダリーなー、なんか寝てる間に口座にお金が入ってたりロト6当たったりしないかなー、ということなのです。
 てか、休みが週1ってマジでキツイのな。



 ゼロ年代。つまり00年以降のSFマガジンに載った日本の短編SFの傑作集。

 なんというかねー。別に面白くないとは言わないんだけど、傑作集と銘打ってしまったわりには、という思いがしてならない。選者のチョイスのセンスが僕と違ったのかもしれないし、日本のSFのレベルが落ちたのかもしれない。
 全体的にライトノベル化が見受けられ、そもそも作家にラノベ出身やエロゲーライターが多く(それが悪いわけではない)、なんかゼロ年代ってこういう世代なのかー、とも思いました。

 秀逸作は長谷敏司の「地には豊穣」。昨年の日本SF大賞候補者だけあって、正統派SF,というピシリとした作品。僕はイーガンとかああいう哲学っぽいのは好きではないから、作風としては決して好きな作品ではないんだけど、それでも評価せざるを得ない作品。特に最後の一行の美しさだけで拍手をおくりたい。
「広がるのはただ、同じ溺れる人々が積み重なってできた、桜が根を張る豊穣な大地」
 うん。すばらしい

 そして残りは秋山さんの「おれはロケット」がまあまあで、あとはちょっとハズレ。なんか、薄いんだよねえ。ふわふわしたケーキを食べているようで、ちょっと不満たらたら。

 そして何故僕がこんなに不満たらたらなのかというと、この本は僕が久しぶりに新刊で定価で買った本だからなのだ! 高い!

 

読書

さらば愛しき女よ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-2))さらば愛しき女よ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-2))
(1976/04)
レイモンド・チャンドラー

商品詳細を見る


 久しぶりの本の更新となりました。1冊読むのに2・3週間かかるって、どうだろう。こんなにちまちま本を読むのはもしかしたら、初めてかもしれません。うわっはー

 チャンドラーのマーロウものの名作。せつない男と女の物語がそこにあります。

 僕はマーロウがあんまり好きではないのだけれど、その理由としては、マーロウの姿というか人間性があんまり見えてこないから、というものがあります。
 もちろんハードボイルド探偵なので、内心の葛藤とか弱気な様とかを極力描かないようにしてあり、必然的に人間味が薄くなってしまうのはやむをえないわけですが、今回読んでて感じたのは、マーロウが薄い理由の一つとして、ストーリーテラーとして、語りの立場としてマーロウが配置されているがゆえの薄さ、というものもあるのだな、と思いました。
 この作品で、マーロウ以外の登場人物。でくのぼうの大男や、汚職警官など様々なキャラクターはそれぞれ個性豊かで、凄く想像しやすい、リアルのキャラクターだったわけですが、そのリアルを映すために、マーロウという目が必要なわけであり、逆に言うと、薄いマーロウがあるから脇役が際立っているわけですね。つまり、マーロウは主人公であり、読者と目を共有するいわばカメラであり、話を進行させるストーリーテラーであるわけなのですね。マーロウは神と無と同義だと言えてしまうわけです。何よりも密度が濃く、同時に限りなく没個性。
 
 この論理に従うと、ホームズなんかもその論理に見事にあてはまり、僕がホームズ嫌いであり探偵もの全般があまり好きでない理由がすっきりと解消されるのでした。なるほど。
 とかなんとか書きつつ、この本はとても名作だったので、僕の中では1軍行き。

 いやあ、久しぶりの本の感想は筆が走るなあ

某書店研修

担当:8階
休憩室:B2階

エレベーター使用不可
まるで下半身のトレーニングだぜ!

あと、担当ジャンルのせいか、またもや周りが女性ばかりで困ってしまいます。
だからといって別にモテ期が訪れているわけではありません。ちぇっ


休み時間とか各フロアをうろうろ出来て、なかなか楽しい。
大型書店って、うろついてるだけで一日遊べるよねー
読みたい本だけが増えていく

もっと何かをやれたかもしれないし、精一杯やったかもしれない。
誰かに貢献できたかもしれないし、誰かを傷つけたかもしれない。
何かを改善できたかもしれないし、何かをダメにしてしまったかもしれない。
そんな全てをひっくるめて、僕には感謝の言葉しかありません。
ありがとうございました。


余談ですが、何か冷静に色々と考えてみて、やっぱ住宅手当が出ないとなるとどう考えても色々厳しいので、夏過ぎくらいにお引越しするかもしれません。

Extra

プロフィール

scapa

Author:scapa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる